賃貸マンションが一般的

賃貸マンションは戸数が多い

賃貸物件市場において、建物の数的にはマンションの数は際立って多いというような事はありません。アパートに分類される木造・軽量鉄骨造の小型集合住宅、または平屋住宅なども数多く存在します。ただし、「総戸数」という観点でいうと賃貸マンションのシェアが圧倒的です。それは何故かというと、平屋住宅は1階建て・またアパートは2階建てが基本であるのとは対照的にフロア数が多い物件も多いからです。特に、空き地の少ない都市空間においては10階建て以上の構想マンションの数が多く、30階建て前後のタワーマンションも増えてきています。タワーマンションは戸数が100から300くらいにまでのぼりますので、一つ建てられた場合はたくさんの人達がその物件に居住できます。

賃貸マンションの特徴について

戸数的には賃貸住宅市場の大半を占めるマンションの特徴といえるのは、木造のアパートと比較して音漏れが起きにくいという事です。防音室が設けられていなくても、遮音性の高さを売りにしている物件においては大音量で映画や音楽を楽しむ事ができます。さらにアパートには皆無の状態である防音室付きのマンションであれば、ピアノ・ギターなども大きな音を出して弾く事が可能です。

続いて、高級マンションは設備や居住環境が充実しているのも大きな特徴と言えます。宅配ボックスによって日中不在でも宅配便が受け取れますし、24時間対応の敷地内ゴミ捨て場が設けられていれば、深夜にゴミを捨てても問題ありません。その他、1階のフロントにてコンシェルジュサービスを受けられる高級マンションも増加中です。