一人暮らしの場合

ワンルームは一人暮らし向け?

賃貸物件を探している人の中には、一人暮らしということでワンルームを検討している人も多いのではないでしょうか。ワンルームのメリットとして挙げられるのが家賃の安さです。同じ建物なら1LDK、2DKなどの他の物件に比べて家賃が安く設定されていることが多くなっています。また、部屋の数が少ないということで、掃除がしやすいというのもワンルームのメリットと言えます。

一方でデメリットとして挙げられるのが、スペースの問題です。稀に専有面積が広いワンルーム物件もありますが、一般的には狭く収納スペースも少ない物件が多くなってます。ワンルームでもロフト付だとロフト部分をベッドや収納スペースに活用できるので、荷物が多い人はロフト付の物件を探してみると良いかもしれません。

2部屋以上あった方が良い場合も

一人暮らしのための賃貸物件を探している人の中には、食事をする場所と寝る場所や、リビングルームとプライベートルームを分けたいと考えている人もいらっしゃると思います。そんな場合はワンルームではなく2部屋以上ある賃貸物件がおすすめです。2部屋以上の賃貸物件を選ぶようにすれば、急な来客があった時も安心ですし、プライベートをしっかりと確保することができます。また、自宅で仕事をするような場合は、生活スペースと仕事スペースを分けるためにも、2部屋以上の賃貸物件を選んだ方が良いかもしれません。

自分に合った間取りでも、通勤や通学に不便だったり、家賃が収入に見合っていない場合は理想の賃貸とは言えないため、間取り以外の条件もしっかりチェックした上で選ぶようにすると良いでしょう。

札幌北区の賃貸物件の周辺は、水辺に恵まれ、特に3河川が合流する水郷景観は絵に描いたような素晴らしさです。また、ポプラ並木などの美しい並木が多いのも特徴の一つです。